LOG IN

もっと身近に漢方薬

牡丹の花が終わり芍薬の花が咲き始めました。お花だけで見比べると見分けがつきにくいですが、牡丹は木本性で木、芍薬は草本性で草なのです。同じボタン科ですがお花の時期も違います。 牡丹は根を掘り起こし芯を取って乾燥させて「牡丹皮(ボタンピ)」という生薬として用います。駆瘀血(血の滞りを流す)作用があり婦人病によく使われる重要な生薬の一つで

慢性腎不全に対する漢方療法

『医療保険が使えない=高額』そんなマイナスなイメージが強い方が多いのではないでしょうか? 1回の受診にかかる費用を比べると確かに1割~3割より自費10割は高いです。しかし、効果や治療にかかる期間、治療内容で比べると一概にそうとは言い切れません。 困っている症状や病気、体質にあった治療法で治療することで早く回復したりより効果がでることが

滾痰丸(こんたんがん)

滾痰丸(こんたんがん)別名:礞石滾痰丸(もうせきこんたんがん)という漢方薬を作りました。 原料に青礞石という鉱物を使用します。「痰」、特に老痰といって長期にわたって積み重なった頑固な痰を治す薬で難治性の症状に用いる薬です。 「痰」とは中医学では肺・脾・腎など水の代謝に関わる臓の働きに異常がおきてできたものと考えます。 体内にある水の中

漢方薬の効果

かがやきクリニック医療漢方外来に受診中の40代女性Oさんの声 漢方すごい!と明るい声と笑顔。 浮腫みをどうにかしたいと受診し、本格的な煎じ薬は初挑戦とのこと。 処方を飲んで2週間、以前は午前中でも靴下の跡が残り、夕方には足がパンパンになって痛いほどだった浮腫みがスッキリして職場の制服がゆるくなってきたと見せてくれました。 肩凝りに関しては翌日

お屠蘇

今年もクリニック特製の屠蘇散を作りました。美味しくてとても飲みやすいと評判です。 「邪気を屠(ほふ)り、心身を蘇らせる」という意味で屠蘇散と名付けられたなど由来は諸説ありますが、疫病を退け人を熱病や風邪に罹らなくする、元旦に飲む薬酒です。 家族そろって年の初めにする風習ですので、お子様や妊娠中の方は口をつける仕草だけでもしてみてくださ